掃除

お風呂の蓋と収納棚を撤去

投稿日:2017-02-07

お風呂の蓋と収納棚を取り外し

我が家のお風呂には、最初、お風呂の蓋と収納棚が付いていました。

収納棚は、カウンターの上に1つ、カウンターの下にもう1つ。カウンターの上の収納棚は、恐らくボディーソープやシャンプーなどを置くためのもの、カウンターの下の収納棚は、恐らくお風呂掃除用のスポンジや洗剤などを置くためのものだと思います。

せっかく最初から付いていたお風呂の蓋と収納棚ですが、掃除のしやすさを考慮した上で、その必要性について考えてみました。

 

お風呂の蓋を撤去

お風呂の蓋と収納棚を取り外し

まず、お風呂の蓋は、かなり早い段階で撤去しました。理由はいくつかあります。

 

お風呂にものを置かない主義

お風呂にものを置いていると、どうしてもカビや水アカが付きがちです。マメに掃除をすれば良いだけの話なのですが、カサの高い蓋を持ち上げたり裏返したりして洗うのは結構手間がかかります。

ですので、我が家では、できるだけ掃除の手間を減らすため、掃除の対象となるものはなるべく置かないようにしています。

 

平日はシャワー派

我が家では、平日はほとんどシャワーだけで済ませます。バスタブにお湯を張らないので、必然的に、お湯の保温と湿気防止のための蓋も要らなくなりました。

 

お湯を張る時は連続入浴

週末など、バスタブにお湯を張ってお風呂に入る時は、夫と2人で言い合わせて連続して入浴するようにしています。お風呂に湿気を溜めないように、長時間お湯を溜めたままにしないように心掛けています。

このような理由で、お風呂の蓋は、我が家のお風呂ポリシーにはそぐわず、即撤去となりました。

 

お風呂の収納棚を撤去

お風呂の蓋と収納棚を取り外し

お風呂の収納棚は、最初のうちは付けたままにしていました。取り外しができないものだと思っていたからです。
お風呂の蓋と収納棚を取り外し

ですが、シャンプーやボディーソープはカウンターの上、お風呂掃除用のスポンジや洗剤は、タオル掛けにぶら下げているので、収納棚の必要性はありません。

ということで、取り外しができると気づいてすぐに、収納棚もお風呂の蓋と同じ理由で撤去しました。

 

まとめ

お風呂掃除の手間を減らすために、お風呂の蓋と収納棚を撤去しました。

  • 平日はシャワー
  • 週末お湯を張る日は連続入浴
  • お風呂用品はカウンターの上に置くかタオル掛けにぶら下げ

という我が家では、お風呂の蓋と収納棚がなくても問題ありません。思い切って撤去したら、お風呂掃除が少し楽になりました。

Google アドセンス用336px

スポンサーリンク

Google アドセンス用336px

スポンサーリンク

-掃除
-

執筆者:

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トイレの掃除方法

毎日の簡単なトイレ掃除の他に、一週間に一度、トイレ全体の掃除をするようにしています。

お風呂の排水口の掃除

お風呂の排水口は、毎日簡単な掃除を行い、週に一度、しっかり目の掃除を行なっています。

お風呂のカウンター下のパーツの取り外し

お風呂のカウンターの下の掃除

お風呂掃除は、毎日の水切りと排水口の簡単な掃除と、週に一度のしっかり目の排水口の掃除のほかに、2〜3ヶ月に一度、お風呂のカウンター下の掃除をしています。

お風呂の掃除用スポンジとブラシ

3年ぶりにお風呂の掃除用スポンジとブラシを新しいものと交換しました。

REDECKERのロングタイプのはたきで高窓の桟の掃除

我が家の2階と3階は一部吹き抜けになっていて、その吹き抜けの部分にある高窓の桟の掃除に頭を悩ませていました。