掃除

お風呂の排水口の掃除

投稿日:2017-02-09

お風呂の排水口は、毎日簡単な掃除を行い、週に一度、しっかり目の掃除を行なっています。


毎日の排水口の掃除では、お風呂からあがる際に、ヘアキャッチャーに溜まったゴミを取り除き、ヘアキャッチャーを簡単にササッと洗います。
お風呂の排水口の掃除

これだけでもそこそこ綺麗な状態を保てますが、これだけだと排水口の中が汚れてくるので、週に1度、排水トラップと言われる、排水口の中の部品を取り外して1つ1つ洗います。

 

排水トラップの取り外し手順

お風呂の排水トラップの取り外し手順

我が家のお風呂は、TOTOのサザナというタイプです。バスタブの側面に貼ってある説明書と取扱説明書によると、次の手順で排水トラップを取り外すように説明がありました。

  1. ヘアキャッチャーをスライドさせて外す
  2. 封水筒を左に回して外す
  3. 排水ピースを引き抜いて外す

 

排水トラップの取り外し

手順通りに排水トラップを取り外していきます。

 

排水口の蓋を開ける


まず、排水口の蓋を開けます。

 

ヘアキャッチャーをスライドさせて外す

ヘアキャッチャーを横にスライドさせつつ、少し上に持ち上げるようにして取り外します。

 

封水筒を左に回して外す

封水筒を、表示の矢印の向きの通り、時計と反対周りの左方向に回転させ、取り外します。

 

排水ピースを引き抜いて外す


排水ピースを水平方向に引き抜くようにして取り外します。

 

これですべての排水口トラップの部品を取り外すことができました。

 

排水口トラップの部品の掃除

排水口トラップの部品の掃除

次に1つ1つ排水口トラップの部品、ヘアキャッチャー、封水筒、排水ピースを洗っていきます。細かい部分は使い古しの歯ブラシなどを駆使して汚れを落とします。

 

排水トラップの取り付け

排水トラップの部品は、外した順とは逆順に取り付けます。

つまり、排水ピース、封水筒、ヘアキャッチャーの順で取り付けます。

最後に蓋をして元通りです。

 

まとめ

週に1度、お風呂の排水口の部品を取り外して掃除をしています。
排水口の中は、放置すると恐ろしい状態になりますが、週に1度程度、掃除する習慣をつければ、綺麗な状態を保てます。

放置→汚れが蓄積→掃除するのが恐怖→放置、、、

という悪循環から、

こまめに掃除→最小限の汚れ→掃除するのが楽しみ→こまめに掃除、、、

という好循環に変えて、少しだけ前向きに掃除できるようになった気がします。

Google アドセンス用336px

スポンサーリンク

Google アドセンス用336px

スポンサーリンク

-掃除
-

執筆者:

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

REDECKERのロングタイプのはたきで高窓の桟の掃除

我が家の2階と3階は一部吹き抜けになっていて、その吹き抜けの部分にある高窓の桟の掃除に頭を悩ませていました。

お風呂の蓋と収納棚を撤去

我が家のお風呂には、最初、お風呂の蓋と収納棚が付いていました。

トイレの掃除方法

毎日の簡単なトイレ掃除の他に、一週間に一度、トイレ全体の掃除をするようにしています。

ハサミについたテープのりの取り方

ハサミでセロハンテープやガムテープを切ると、ハサミの刃にテープののりが付いて、切れ味が悪くなってしまいます。

スクイージーを使ったお風呂の水切り

我が家では、お風呂に入る度に、必ず最後にスクイージー(水切りワイパー)を使って、水切りを行うようにしています。