収納

ドライヤーのコードの収納

投稿日:2017-03-19

今まで、ドライヤーのコードの収納には地味に悩まされてきました。

これまでのドライヤーのコードの収納方法

最初は、ドライヤーのコードは使ったら使いっぱなしでそのまま適当に無印のブリ材長方形バスケットに放り込んでいました。

それではさすがにだらしないということで、ドライヤーの本体にコードを巻きつけていたこともあります。
ところが、コードをドライヤー本体に巻き付けると、コードが損傷する場合があるらしいということを知り、それ以来、コードは折りたたんで、元々ドライヤーに付いていたコードストラップで留めていました。


コードストラップでドライヤーのコードを収納する方法は、確かにコードはすっきりとまとまるのですが、束ねるのが面倒くさいという問題があります。コードをたたむところまでは良いとしても、そのあと、ストラップを輪っかにして突起した部分に留めるのがとにかく面倒です。

 

シリコンマグネットクリップ

そこで取り入れたのが、CanDoのシリコンマグネットクリップです。

ドライヤーのコードを留めるクリップ

ドライヤーのコードを留めるクリップ

形が自由自在に変えられるシリコン製のクリップで、先端に磁石が付いています。

ドライヤーのコードを留めるクリップ

長さ113mm、幅20mm、厚さ6mmで、説明書によると、ケーブルをまとめる用途のほか、マネークリップや、メモクリップ、マグネット、携帯スタンドにも使えるとのこと。

携帯スタンド

ちなみに携帯スタンドとして使うとこんな感じです。

ドライヤーのコードをシリコンマグネットクリップで収納

シリコンマグネットクリップでドライヤーのコード収納

このシリコンマグネットクリップでドライヤーのコードを留めて収納することにしました。束ねたコードを挟んでマグネットで留めるだけなので、今までのコードストラップで束ねて留める作業に比べると随分お手軽です。

ただ、このシリコンマグネットクリップではあまりたくさんのコードを束ねることはできません。今まで2回2等分にたたんでさらに3等分、つまり、1/12の長さにして束ねていましたが、それではこのシリコンマグネットクリップでは束ねることができないので、今は、3回2等分にたたんで1/8の長さにして束ねています。

まとめ

ドライヤーのコードを、CanDoのシリコンマグネットクリップで束ねることにしました。忙しい朝でもドライヤーのコードを手早く束ねることができ、ごちゃごちゃと絡まったコードに悩まされることもなりました。

Google アドセンス用336px

スポンサーリンク

Google アドセンス用336px

スポンサーリンク

-収納
-,

執筆者:

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

IKEAのKUGGISで引き出しの整理

ダイニングでは、テーブルの後ろにチェストを置いて、リビングダイニングで使用するものを中心に収納しています。

洗濯洗剤と柔軟剤の保存容器

これまでは、洗濯洗剤や柔軟剤は、セブンイレブンの洗剤ボトルに入れていました。 今回、洗濯洗剤、柔軟剤に加えて、おしゃれ着洗い洗剤も詰め替えようと思い立ち、改めて洗剤ボトルについて考えてみました。

KEYUCAの文具入れでカトラリー整理

我が家のキッチンには引き出し収納が2つしかありません。一方はサランラップやアルミホイル、ゴミ袋などの収納に使用しており、もう一方をカトラリーの収納に使用しています。

保存容器の収納

我が家にある、iwakiのパック&レンジ、Ziplocの角型コンテナー、Weckのガラスキャニスターなどのたくさんの保存容器。

OXOポップコンテナでお掃除クリーナー保存のその後

今年に入ってから、キラキラやトイレクイックルなどのトイレお掃除クリーナーの容器をシンプルなものに変えたくて、OXOポップコンテナにトイレお掃除クリーナーを保存することにしました。