収納

KEYUCAの文具入れでカトラリー整理

投稿日:2017-01-09

我が家のキッチンには引き出し収納が2つしかありません。一方はサランラップやアルミホイル、ゴミ袋などの収納に使用しており、もう一方をカトラリーの収納に使用しています。

そのたった1つの、しかも幅が40cm程度しかない引き出しに、いかにカトラリーをすっきり収めるかが悩みの種でした。

KEYUCAの文具入れ

そこで、KEYUCAの文具入れを活用してカトラリーを整理することにしました。KEYUCAのボックスシリーズと呼ばれる文具入れは、文房具だけでなく、アクセサリーやカトラリーの整理にも活用できる優れものです。

KEYUCAの文具入れの良いところ

KEYUCAの文具入れにはいくつかの特徴があります。これらの特徴が、KEYUCAの文具入れを使ってカトラリーを整理する決め手になりました。

ピッタリ組み合わせられるサイズ展開

KEYUCAのBOXでカトラリー整理

KEYUCAのボックスシリーズには、大きい方から順に、

  • W80×D240×H41mm
  • W80×D160×H41mm
  • W80×D80×H41mm

の3種類のサイズがあり、すべて、横は80mm、高さは41mmに統一されていて、縦は大が小の3倍、中が小の2倍となっているため、ピッタリ組み合わせて使うことができます。

ピッタリ組み合わせられるカタチ

こういう類の小物入れは、角が丸くなっているものが多いけれど、KEYUCAのボックスシリーズは、角が直角になっているため、組み合わせて時に隙間ができず、パズルのピースがピッタリはまったような気持ち良さがあります。

スタッキング可能

KEYUCAのBOXでカトラリー整理

KEYUCAのBOXを重ねてカトラリー整理

水平方向にピッタリ組み合わせられるだけでなく、垂直方向にもピッタリスタッキングできます。

KEYUCAのBOXを重ねて引き出しの中のカトラリー整理

お陰でスペース効率が2倍になって、我が家の小さい引き出しでも、手持ちのカトラリーをほとんど収納することができました。

水洗いが出来る樹脂製

ABS樹脂製なので、水洗いもできます。口に触れるカトラリーを保管するものなので、清潔に保てる点は重要です。

すっきりと見えるナチュラルホワイト

シンプルなナチュラルホワイトなので、備え付けのカトラリー入れのように見えるところも気に入っています。

まとめ

KEYUCAの文具入れを活用して、カトラリーを整理しました。ピッタリ組み合わせ可能なサイズとカタチ、スタッキング可能、シンプルなナチュラルホワイト、水洗い可能という特徴があり、我が家の小さい引き出しでも、ほとんどのカトラリーをすっきり整理することができました。

Google アドセンス用336px

スポンサーリンク

Google アドセンス用336px

スポンサーリンク

-収納
-,

執筆者:

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フレッシュロック用スプーン

乾物保存に使用しているフレッシュロック角型(300ml)。デフォルトでは緑のパッキンと緑のスプーンが付いています。

フレッシュロックで乾物の保存

ごまやひじきなどの乾物は、タケヤのフレッシュロック角型(300ml)に入れて保存しています。

無印ファイルボックスで日用品の整理

今までは、トイレットペーパーや洗剤などの日用品は、無印のクリアケースに入れて保管していました。

食器用洗剤とハンドソープの詰め替え容器

キッチンで使う食器用洗剤とハンドソープは詰め替え容器に移し替えて使っています。

iwakiのふりかけボトル

iwakiのふりかけボトルでふりかけ保存

今まで、ふりかけは、もともと入っていた袋のまま振りかけ、そのままの状態で保管していました。 大抵のふりかけの袋にはジッパーが付いているのでら、使う度にそのジッパーを開け閉めしていました。