収納

重曹とクエン酸と酸素系漂白剤の保存容器

投稿日:2017-12-17

これまで、重曹やクエン酸、酸素系漂白剤など、掃除で使用するものは無印の入浴剤の容器に入れ替えて使っていました。

無印の入浴剤ボトル

無印の入浴剤ボトルは、シンプルなデザインはもちろんのこと、キャップに必要な量の重曹やクエン酸を移し替えて使えるという点で、使い勝手の面でも優秀でした。

ただ、容量が520mlで、750gや1kgの重曹やクエン酸を購入すると、一度には入りきらないという問題がありました。

無印の入浴剤ボトルで重曹とクエン酸と酸素系漂白剤を保存

monotoneの四角いストックボトル

そこで取り入れたのがmonotoneの四角いストックボトルです。コンパクトな形でありながら、1リットルの容量があるので、重曹やクエン酸を保存しておくのにも十分な大きさです。

ここには、予定通り、

  • 重曹
  • クエン酸
  • 酸素系漂白剤
  • 過炭酸ナトリウム

を入れました。

四角い形なので4つ並べると無駄なスペースがないので、保存容器自身も省スペースに収納できます。

心配していた容量ですが、少しだけ使った使いかけの1kgのクエン酸がすべて入ってまだ余裕があったので大丈夫そうです。真っ白で四角いストックボトルが整然と並ぶ姿は見ていて爽快です。購入するまで、たかが保存用のボトルにお金を掛けることに少し抵抗がありましたが、たかが保存ボトル、されど保存ボトル。毎日の家事や片付けのモチベーションが上がるのであれば、ほんの少しの贅沢は自分に許してあげようと思います。

 

monotoneの四角いストックボトルで重曹とクエン酸と酸素系漂白剤を保存monotoneの四角いストックボトルで重曹とクエン酸と酸素系漂白剤を保存

monotoneの四角いストックボトルで重曹とクエン酸と酸素系漂白剤を保存

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

四角いストックボトル
価格:500円(税込、送料別) (2017/12/17時点)

 

まとめ

重曹、クエン酸、酸素系漂白剤を保存する容器として、monotoneの四角いストックボトルを購入しました。コンパクトな形でありながら、容量が1リットルあるので、1kgや750g入りの重曹やクエン酸でも保存可能です。真っ白で四角い形なので保存容器自身の省スペースに収納できます。

Google アドセンス用336px

スポンサーリンク

Google アドセンス用336px

スポンサーリンク

-収納
-,

執筆者:

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

OXOポップコンテナでお掃除クリーナー保存のその後

今年に入ってから、キラキラやトイレクイックルなどのトイレお掃除クリーナーの容器をシンプルなものに変えたくて、OXOポップコンテナにトイレお掃除クリーナーを保存することにしました。

OXOポップコンテナで粉物の保存

ごまやひじきなどの乾物はフレッシュロックで保存することにしましたが、粉物など、ある程度量があるものは、OXOポップコンテナで保存することにしました。

フレッシュロックで乾物の保存

ごまやひじきなどの乾物は、タケヤのフレッシュロック角型(300ml)に入れて保存しています。

KEYUCAの文具入れでカトラリー整理

我が家のキッチンには引き出し収納が2つしかありません。一方はサランラップやアルミホイル、ゴミ袋などの収納に使用しており、もう一方をカトラリーの収納に使用しています。

OXOポップコンテナでキッチンの食材整理

OXOポップコンテナを活用して、粉物からトイレお掃除クリーナーまでいろいろなものを保存しています。