収納

野田琺瑯のレクタングルにバターを保存

投稿日:2018-01-21

今までバターは使うたびに箱から取り出して銀紙を剥がし、必要分だけカットして使用していました。
これでは結構面倒なので、バターケースを探すことにしました。

バターケースに求める条件

今はおしゃれで機能的なバターケースがいろいろありますが、その中から、

  • 白色
  • 密閉性が高い
  • 耐久性が高い
  • 市販のバター200gが入る

という条件に合うバターケースを選ぶことにしました。

バターケースの候補

探してみると、いくつか条件に合うものがありました。

sarasa designのバターケース

シンプルなデザイン、片手で開閉自在、10g目安のグリッド付きという特徴を謳っていますが、スライド式で密閉性が気になったのと、プラスチック製で耐久性が気になったため、保留。

KINTOのバターケース

次に見つけたのが、KINTOのバターケース。シリコン製のパッキンが付いているため、密閉性も問題なさそうですが、黒いパッキンが目立って真っ白には見えない点が気になって、こちらも保留。

 

野田琺瑯のレクタングル

最後に見つけたのは、野田琺瑯のレクタングル 深型 Sサイズ。シール蓋が付いていて、密閉性も問題ありません。ホーローなので、もちろん耐久性も心配ありません。サイズも約W15.4×D10.3×H5.7cmと、市販のバターも入りそうなので、最終的にはこちらに決めました。

 野田琺瑯のレクタングル深型Sサイズにバターを保存

早速、野田琺瑯のレクタングル深型Sサイズに、バターを5g単位にカットして入れてみました。
画像は少し使った後の状態のバターですが、フルサイズのバター200gでも問題なく入ります。

野田琺瑯のレクタングル深型Sサイズにバターを保存

付属のシール蓋で密閉できて、バターが乾燥することもありません。

野田琺瑯のレクタングル深型Sサイズにバターを保存

5g単位にカットすることで、使う時に必要量だけすぐに取り出せるので、料理の効率も大幅にアップしました。

まとめ

白くて密閉性、耐久性の高く、市販のバター200gが入るサイズのバターケースを探し、野田琺瑯のレクタングル深型Sサイズを購入しました。今までは使うたびにバターを箱から取り出し、銀紙を剥がし、必要な分だけカットしていましたが、5g単位にカットしたバターを、今回購入した野田琺瑯のレクタングルに保存することで、料理効率が大幅にアップしました。

Google アドセンス用336x280px

スポンサーリンク

Google アドセンス用336x280px

スポンサーリンク

-収納
-,

執筆者:

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ふきんの置き場所

ずっと悩み続けていたふきんの置き場所ですが、最近になってようやく定位置に落ち着きました。

フレッシュロックで乾物の保存

ごまやひじきなどの乾物は、タケヤのフレッシュロック角型(300ml)に入れて保存しています。

ニトリの押入れ整理棚とIKEAのSKUBBで布団を収納

我が家には和室も押入れもなく、これまで布団の収納場所に困っていました。

収納庫の棚板を追加

一階の収納庫では無印のファイルボックスを使って日用品を整理しています。

保存容器の収納

我が家にある、iwakiのパック&レンジ、Ziplocの角型コンテナー、Weckのガラスキャニスターなどのたくさんの保存容器。